K様(2)のAB27エンジン組み立て vol.3

 今日は前回の続きからご紹介です。クラッチ側がほぼ終わったところまで進んでいました。


 ねじを新しいねじに入れ替えます。見た目に気持ちいいですし、不思議なもので、掃除した古いねじよりも、新しいねじのほうが締めやすい気もします。


 完全に好みですけど、腰上を組む時はこの角度に据えて作業します。


 スタッドボルトを入れ替えています。今回は4本にグリスを塗ってみました。一本だけはモリブデン混合のタイプにしていますけど、ここも他と同じシリコングリスでよかったかもしれません。いちおう熱でグリス分が落ちた時にモリブデンが残ってくれないかと思っています。


 念のためクランクの確認をしておきます。


 腰上まで組みつけました。今回はカバー類を全て新品にしていますのでピカピカです。


 たまたまタペットカバーだけ欠品でした。週明けの月曜に入ってくる予定になっています。


 このあと腰上にコーティングを吹いておこうと思います。大きな目的は錆止めなのですが、残念ながらそんなに大きな効果のあるものは見つけられておらず、錆びるのがいくらか遅くなる程度のものです。たまたま別のものを取り寄せるときに見つけたアメリカ製のケミカルで、試しに一緒に仕入れてみたものです。個人用の興味でしたが自分のエンジンに使う以上の量があるのでこちらはおまけ。


 お客さまにはスケジュールの見込みをご案内しています。作業としましての残りは、いつものご案内を作って、カバーをつけるだけです。


 それではまた月曜に!