O様(2)のHA02エンジン組み立て vol.2

 全ての分解が終わりました。致命的な組み間違いや構造上の問題はありませんでした。

 このあと洗浄をして各部の計測をして状態を数値で把握して、そして弊店に在庫のない部品は発注して、組み立てに備えます。基本的な消耗部品は在庫で持っているものも多くあります。ところが、なにかしら「ここが壊れる?」というところが必ずでてきて、けっきょく部品の発注が必要になるのすが、今回それはなさそうです。

 ただし今回も部品に関しましては通常は組み合わせない組みかたをして組み上げますので、そのあたりの部品が揃うまで時間はかかります。その間もいろいろと作業はありますのでご紹介をすすめます。


 ベアリングを抜きました。ケースの状態はきれいなものですね。


 ちゃんと交換していますよ、という感じでしょうか。ケース片側各2個ずつで合計4か所ですね。


 今回オイルポンプの交換なしで進めるつもりが、腰下を組んだところで気になって、念のためオイルラインを確認してみたところ、ここの穴が塞がっていました。多少は通っていたようで、細い先端工具で付いたり、ほぼ同径のドリル刃でさらってみたのですが、粘性があるようで取りにくく、しかたなく一回り大きくすることにしました。というわけでオイルポンプの交換を追加しています。


 今回は4速+ロータリーパターンに換えるので、それに合わせて交換する部品があり、そちらのフィッティング作業です。ここは構造上どうしてもギリギリのところになります。ひとつひとつ削っているので対応できますが量産では難しいでしょうね。


 右が処理済み、左が処理前。フライスをかけると寸法が変わりますし、そんなコストは普通はかけません。ただし面積は小さいですけどエンジン腰上を支える土台になる面ですから綺麗にしておきたいところですね。

 きちんと平面を出してクリーニングしていくと、シリンダー下面に触れない箇所も同じ面のところは、ついでに綺麗になってしまいます。細かい所ですが、エンジン組み立て後にも外側からも見えるところで、きちんと作業されているかどうか判断できる目安になる箇所のひとつでしょう。