O様(2)のHA02エンジン組み立て vol.1

 弊店ではエンジンの組み立てをお請けしています。お客様のご希望に沿った仕様やお好みの仕様でエンジンを製作するフルオーダーでのカスタムメイドのエンジン製作です。他の仕事もあるので少しお時間は頂戴しますが、作業を見ていただいてご納得の上でご依頼をいただければ、うれしく考えています。

 こちらは過日修理でご紹介していたエンジンで、またその続きになります。種類はカブ90のエンジンです。

 写真のみ上げていてコメントは後からですので、そのときに考えていたこと気付いたことと多少ずれるかもしれませんが、ご紹介を進めてまいります。


 エンジン分解に取りかかるまえに落ちる汚れを落とすために洗います。いつもとおなじ説明になってしまいますが、この事前の洗浄は、汚れをできるだけ作業台に持ち込まないためと、その汚れを触った手や工具により、エンジンの部品に余計な傷をつけてしまうことを防ぐためです。

 エンジンのような大きな状態なので全てきれいに洗いきれません。ここから先に何度も同じ部品を洗浄する工程があります。その間にいまはまだ落としきれていないところもまだ落ちてきます。


 エンジンオイルのかからないところに汚れがついて、それまでの保守管理の状況が分かったりするのですが、外観と比べてかなりきれいな状態に見えます。


 クラッチを取り付けているボルト下の特殊なワッシャがおかしいですね。分解歴があるようです。

 後からオーナーさんに伺うと新車ワンオーナーということで、つまりメーカー組み立て状態だったようです。ボルトは緩んでいないので不具合はありません。


 さて、分解が終わりました。


 続きは次の回です。それでは。