きょうのPEGASUS

 きょうは「こんばんは」、いまは20時過ぎです。昼過ぎに関東地方で雹が降って大きな被害が出ているそうです。雹という単語があるのだから存在は知っていましたけど、いままでに遭ったことのあるのは、せいぜい小さな氷の粒といった程度で、今回のものはとんでもなく大きな雹が、それもたくさん降ったようで、自然はなんとも凄いなぁと、(日ごろ使わない表現ですけど)ただただ畏怖の念を抱くのみです。


 話の種がなくなってきたように見えますか? それもそうですけど、きょうは発送についてご紹介してみます。


 遠心クラッチキットです。クラッチAssyタイプもお勧めですけど、とくにカブ90はスプリングだけのタイプをお選びいただいてもフィーリングを含めて悪くありません。一見するとAssyタイプはあまりコストパフォーマンスがよくないのですが、スプリングが付属していますので、実はいろいろ試して最適に設定できますので、悪くありません。

 それはさておいて、いまメーカーから出てくる商品は、こんな紙箱に入っています。商品の梱包って意外と知りませんよね。


 こちら梱包パターンはクラッチキット単品をご注文いただいた場合のものです。手動クラッチキットと遠心クラッチキット、ともに同じスタイルです。

 全体をエアパッキンでくるんでシールしておきます。


 くるんだ商品を封筒に入れて完了です。箱のほうが衝撃対策にはいいのですが、各社の配送員さんに訊いてみると、どうも途中での対応が乱雑になることがあるようで、それもそれでよくない点もあるようです。過剰包装にもどうかと思いますので、ひとまずこのくらいだと大丈夫でしょう。

 クラッチ部品が精密機器なのかどうか疑問はありますけど、ですが日常品など雑貨よりも遥かに精密なものですから、割れ物や壊れ物よりこちらのほうが、気を使ってもらえるでしょう。もちろん割れ物指定で発送しています。

 ひとつややこしい点ですが、弊店からの発送品はすべて「オートバイ用部品」として発送しています。遠隔地で通常は航空機運送になる地域も、こちらの内容物表記の場合は飛行機に乗せないそうで、そのため発送からお手元にお届けできるまでの期間は通常よりも伸びて遅くなることがあります。9.11テロ以来こうなったようで、運送会社さんや航空機会社のとっている安全面の対策ですので、ご了承ください。