N様のDAX50(AB26)エンジン組み立て vol.5

 さて、いつもどおりの作業台にケースをセットしました。きれいなクランクケースです。左上のほうが曇っているように見えていますが、上からの作業用の照明でハレーションをおこしているだけですので、念のため。

 今回ベアリングは交換しませんが作動は確認しています。ベアリングを再利用する場合は洗浄後のダスト除去を念入りにしておきます。違うミッションを入れて、しかも組み替えてますので、仮組み〜作動確認を何度かします。そのためベアリングの位置もよく確認しておきます。


 というわけで在庫のミッションをセットしたところ。12Vダックス標準の3速ミッションから4速ミッションに変更しています。今回は12V系4速ミッションをベースにして、さらに3-4速をクロスさせているものです。

 このあとケースを閉じて作動の確認をしたところ、いまひとつミッションの作動があまりよくないので、別の調子の良いミッションを使っています。そして実は腰上を組んでからシフトパターンの間違いに気づいて、再度分解してシフトドラムを入れ換えています。リターンのご依頼が多いのと、作動確認のため慣れているリターンを組んでいたのですが、今回はロータリーパターンでご希望をいただいていました。ですのでこの写真の部品は、実際とは違う構成になっています。ごめんなさい。


 というわけで紆余曲折のすえ、無事にクランクケースを閉じることができました。お約束した日程よりも少しおしてしまいそうです。