Y様(2)のモンキーエンジン組み立て vol.8

 昨日はクランクケースを合わせたところまでのご紹介でした。今回はその積み残しから進めていきます。

 クラッチ側の部品を組みつけていきます。一番気になるのは組み替えたミッションなので、シフトドラム回りは気になります。4速すべてのギアの入りや動きとそれぞれのシフトとニュートラル状態をきちんと確認しておきます。


 クラッチ周りの組み付けです。クラッチは内部まで注油したいので、分解してから再度組み立ててあります。文字にすると簡単になってしまう作業も地味に時間と手間のかかるものです。


 今回はダブルディスククラッチを組み付けています。JUN製品のダブルディスクキットには標準で薄型のドリブンギアが付属しています。ここでフリクションを減らすのは、実際に走ると、かなり効きます。このギアのマイナス点は純正品よりも少しギアの動作音がでるところ。遠心クラッチ用に販売しているギアは違う削りかたになり進化したので純正品よりも静かになっています。


 クラッチの残りの部品をつけて、クラッチカバーを取り付けました。ここまでで腰下は終わりです。今日ここまでのご紹介は駆け足だったかもしれません。

 今日はこのあたりまでにさせてください。引き続きまたご紹介を続けますので、ぜひお楽しみにしてお待ちください。