M様のモンキーエンジン組み立て vol.6


 だんだんと寒くなってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょう?

 今日のご紹介は、腰下の組み立てまで終わっていたエンジン組み立て作業続きです。ヘッドの組み立てから。


 ヘッド関連の部品をあつめると、このあたり。エンジンを組む時にあわてて組むよりも、さきにじっくりとヘッドだけを組み立てるほうが確実です。


 部品が黒くなっているのは特殊な組立てペーストを使っているためです、という注釈を入れましたが、ほぼ見えませんね。カムやロッカーアーム周りに塗布してあります。主に初期馴染みのためのもので、通常市販されているものはベースオイルの選定があいまいなため、100%化学合成油をベースにして極圧を減らす成分などを混ぜたものを場所に応じて使っています。


 部品が揃っているかどうか確認して、腰上に組む部品の準備が終わりましたので、いよいよ組み付けに移ります。作業性のためにスタッドボルトを抜いてありましたので、まずボルトを立てるところから始めます。


 スタッドボルト、そしてピストンを取り付けました。

 そしてこのつぎはシリンダーを入れます。現物合わせでクランクケースの加工をしてあるので問題なく取り付けをすすめられます。


 ノックピンには固着防止の処理をしておきます。向かって右下のスタッドボルトにも、ついでに錆防止に塗っておきましたが、この効果はあるかどうかは分かりません。ここは直接外気に触れますのでどうしようもありません。


 ヘッドの取り付けも終わりました。プラグやカバー類も取り付けて、腰上は終了です。フライホイールはまだ取り付けていないので、ダイヤルゲージで上死点を直接見てバルブタイミングを取ってあります。最期にまた確認をする予定です。


 今日はこのあたりまで。あとはフライホイール周りとオイルシール、そして最終チェック。完成まであと少しです。