O様のカブ90(HA02)エンジン組み立て vol.10

 今回から腰上に移ります。

 今回、シリンダーヘッドは交換せず引き続き使います。ヘッドのOHのご依頼をいただいていますので、燃焼室とピストントップのカーボン落とし、そしてバルブを軽く磨いてすり合わせをしてあります。腰下など程度はよく、また前回の組み付け作業もとてもきれいに上手く組んでいらっしゃったのですが、燃焼室のカーボンやバルブ当たり面の虫食いは非常に多め。もちろんきちんと仕上げてあります。


 シリンダーの傷は少なめでした。上下とも少なめなので使用時間が短いようですが、それでもWPC加工の表面層がなくなっているところもありますので、極端に短いわけではないでしょう。多少あった傷はある程度ならしています。


 エンジンの腰下にはスタッドボルトを取り付けました。これで腰上の取り付けに入ることができます。


 シリンダーとピストンを取り付けました。ピストンリングの張力は新品並みといえるほど十分に残っていましたのでシリンダーとピストンの状態は全く問題なし、大丈夫でしょう。

 腰下のスロート部分は干渉することが多いですが、事前に拡大処理をしてありますので、シリンダーは問題なく収まります。


 ヘッドを取り付けました。ヘッドは前記のとおり組み上げていたので、とくにここでしておく作業はありません。組み付けを含めて、このあたりはいつものとおりです。


 今日はこのあたりまでにしておきます。まだフライホイール周りが取り付けできていませんし、カバー類やシール類の取り付け作業はまだ残っています。明日つづきができるでしょう。それでは、おやすみなさい。