O様のカブ90(HA02)エンジン組み立て vol.5

 こちらのエンジンのご紹介はしばらく間があいていまして、そのあいだに部品の手配や組み立ての下準備、作業内容の段取りなどをしていました。お待たせをしていました。

 部品の下準備としては、ガスケットの剥離や部品の洗浄など。組み立てそれ自体の時間はそんなにかかりませんが、この下準備については、時間と手間と、そしてかなり気を使います。


 クランクケースのベアリングを抜いて洗っていましたので、ベアリングを打ち込んでいきます。クランクケースのベアリング受けの状態は良好です。こちらは右クランクケースです。

 今回のベアリング取り付け作業は、サービスマニュアル指定のとおり、プレス機での圧入です。とはいえ常温下で圧入作業をするのは好きではないので、やはりケースを予熱してベアリングを冷却して作業しました。最後だけは、いつも通り確認しながら入れています。


 こちらは左クランクケース。やはりクランクケースのベアリング受けの状態は良好です。左右一対ですから当然でしょう。

 はい、こちらも入りました。作業は両方とも同じです。わたしはいつも左クランクケースをベースにして組んでいくので、これでやっと組み立る土台ベースができたような印象です。


 今日はあまり内容がありませんでしたが、次はミッションの行程に移ります。カブ90はミッションをそのままで組まれないお客様がほとんどで、今回も同じくミッションは変更を予定しています。作業の続きはまた後日のご紹介となります。