U様のカブ50(AA01)エンジンのボアアップ vol.4

 組み付けをお引き受けしているエンジンのご紹介は、今回から腰上の組み付けに入ります。


 まずガスケットの処理から。スタッドボルトを外すほうがきれいに処理できるので、弊店では外して作業をすることが多いです。

 ガスケットの処理のときに勢いよくスクレーパーを使うと、合わせ面に傷を入れてしまうことが多いですので、加減よく作業するのは意外と難しいところです。ガスケットリムーバーなど処理剤もあります。ただしガスケットリムーバーを使うと、塗装されている箇所にリムーバーがつくと塗装がかなり劣化するので、弊店の作業では使いません。しかし処理に失敗して合わせ面に傷をつけてしまうよりも、それを避ける意味でも、むしろリムーバーを積極的に使っていくほうがよいかもしれません。


 外していたスタッドボルトを入れました。長さに2種類あり、適切な個所にそれぞれきちんと取り付けてから、腰上を組んでいきます。


 脱脂をして、ガスケット、ノックピン、Oリングを取り付けます。このあたりはごく普通に、いつも通りの流れです。


 組みあがりました。

 今回はBF(ビッグフィン)ヘッドボアアップキットをご選択いただいています。スムーズなフィーリングで乗りやすい、燃費なども含めてバランスのいいボアアップキットです。


 ジェネレーター周りも組み付けてありますが、補修部品が入荷しだい分解して交換します。


 このあとセルまわりのオイル漏れ対策をすれば組みあがりです。作業完了まで、もう少しお待ちください。