U様のカブ50(AA01)エンジンのボアアップ vol.3

 朝晩はかなり涼しくなってきて、夜にはこころよい虫の音も聞こえてくるようになりました。いまが一番いい季節かもしれませんね。

 さて、お引き受けしているエンジン、昨日はクラッチの交換をすませました。そちらのご紹介の続きです。今日はカムチェーンの交換から。

 カムチェーンの交換をするためジェネレーター側を分解します。フライホイールを外すと、手前はきれいだったものの、奥にオイル汚れがみられます。乾いているので致命的な漏れではなかったようです。この位置までオイル漏れが上がることは考えにくく、洗浄した際に洗浄液がここまで入り込んだだけのように見えます。


 カムチェーンを交換して、部品類をきれいにして組み上げました。

 しかしやはり気になるので、こちら周辺のOリングやオイルシール類を全交換しておくことにします。後から漏れてくると二度手間になりますからね。お待たせをしないように、このあたりのゴム類はほとんど在庫を持つようにしているのですが、ひとつのオイルシールだけが手元になかったため部品の発注をしておきます。

 部品が届くまでに腰上をくみ上げてしまうことにしましょう。腰上を一気に組む準備に、ベース面のガスケット処理と清掃まですませておきました。


 続きは明日ということで。それでは。