O様のカブ90(HA02)エンジン組み立て vol.2

 すこし涼しくなったかと思うと、真夏に近い気温に逆戻りするなど、まだまだ厳しい日が続いています。ですが夜にバイクで流すと涼しさも感じるなど、過ごしやすい気候が見えてきました。体調にはどうぞお気を付けてお過ごしください。

 ちなみに弊店のワークショップには空調が入っていないので、秋が待ち遠しいです。そして先日からご紹介している他にもエンジンが何基か到着するなど、ワークショップ内では変化がいろいろとあります。


 さて今日は、先日からご紹介を始めたエンジン組み立て作業の続きです。

 エンジンの分解に取りかかる前に、まず下洗いをしています。これは事前の洗浄で、汚れをできるだけ作業台に持ち込まないため、そして汚れを触った手や工具によって部品によけいな傷をつけてしまうことを防ぐためです。このあたりはいつもと同じ順番で同じ作業なので、同じ説明になってしまい、あまり面白くないかもしれませんね。

 エンジンのような大きな状態では、汚れをきれいに落とし切れませんが、ここから先は何度も同じ部品を洗浄する工程がありますので、落としにくい汚れもかなり落ちて綺麗になります。


 ざっと大まかな分解が終わりました。

 他のところでキットを取り付けられたエンジンで、一部、細かな個所で取り付けに問題はありましたが、大きなトラブルはなさそうです。このあとさらにバラしていきます。


 今日のご案内はここまでになります。次はもう少し細かな部分の確認や、部品レベルでの洗浄工程に入ります。