きょうのPEGASUS

 PC20キャブレターへのファンネル取り付けのご要望があり、お客様にお送りいただいたキャブレターです。エンジンの調子が少し悪いかも、ということで念のため、メーカーに出す前にオーバーホールしておきます。

 フロートに汚れや錆の付着が見られるのは、長期間放置されていたキャブレターの特徴です。もとの程度やガソリンの品質によっても変わりますが、そんなところもキャブレターの調子を見る目安になります。このような汚れが内部に付着しているキャブレターは、かなりきちんとオーバーホールしないと新品のような調子が出ず、なにか不明なまま調子を崩したエンジンになりがちです。古い部品を組み合わせて自分好みのエンジンを組むのも楽しいですが、オールニューの本当に調子の良いエンジンを知っておかれることはとても大切です。他店さま扱いの部品についてフォローができないものがある理由は、そういった新品の調子がわからないというところにもあります。

 なおファンネルについてですが、取り付けに厳密さを出したいようで、メーカー担当さんが手元で取り付け作業をしたいということです。弊店では部品単体で組み付けてテストに使っているのですが、わたしも興味があるので見てこようと思います。ここ最近よく車両にのるようにしているので、いろいろ細かな部品のテストをしていますし、さらにテストをしたいと考えています。