N様のカブ90(HA02)エンジン組み立て vol.11

 昨日はクランクケースを合わせたところまでのご紹介でした。今回はその積み残しから進めていきます。

 ミッションやクランクのクリアランスのチェックをします。今回のようにミッションを組みかえる場合は必要に応じてシムで調整することありますが、クランクは対処する必要があるほど隙間がおおきな場合は、組み間違いなど何かの問題があるでしょう。使用目的に応じて隙間調整をすることもありますが、シムなどでの調整は長期間の使用にはお勧めしにくいところがあります。長所と短所を考慮して判断して部品を選んで組んでいきます。


 クラッチ側の部品を組みつけていきます。シフトドラム回りを再度確認しながら組みつけます。ここでもミッションの動きを確認します。4速とニュートラルをきちんと確認して、何も問題がないことを確認してから進めていきます。

 一気に組みましたが、オイルポンプは加工をして、クラッチは分解して強化スプリングを組み込んで組み立ててあります。文字にすると一行になってしまいますが、このあたりも地味に時間と手間がかかるところです。

 ここのノックピンにも対策をしてあります。もちろんすべて新品を使っています。

 クラッチまわりの部品もすべて取りつけました。あとはクラッチカバーの取り付けです。

 クラッチカバーを取りつけました。ここを止めるねじは一か所だけ他と違う目的のものなので注意して止めます。


 ご紹介は駆け足で進みましたが、これで腰下が終わりました。本当はカムチェン側はまだ何も付いていないのですが、それはまた後で作業をする予定です。

 今日はこのあたりで。またご紹介を続けますので、お楽しみに。