N様のカブ90(HA02)エンジン組み立て vol.8

 ベアリングを入れました。このクランクケースは左側ケースのドリブンシャフト部分が少しゆるめ、それ以外は程度がよく嵌め合いがきつかったので、ケースは予熱してベアリングは冷却して入れています。今回も温度は非接触温度計で管理しています。気温が高くなってきたので温度計を使うと少しだけ違いが分かりますが、測定誤差のほうが大きいかもしれません。

 ということで入りました。


 次はミッションに入ります。カブ90は普通に組まれないお客様がほとんどで、今回もその例に漏れません。ちょっとご紹介のペースがゆっくりになっているので、すこしペースを上げていくつもりです。