K様のカブ90エンジン組み立て vol.13

 前回は腰下まで組み上げていました。今回はその続きです。


 途中で写真を撮ろうと思っていたのですが、ヘッドまで組み上げてしまいました。今回は腰上はストックのままで組み上げています。ピストントップのカーボンは軽く取り除いています。シリンダーの錆が気になるのですが、シリンダーは条件が厳しく、現在の技術ではかなりコストをかけないと剥がれない塗装はできません。簡単に塗装しようと思っていたのですが、塗装の残りが僅かで吹き切れそうになかったので、やめておきました。


 セルスターター付きエンジンですので、上死点を合わせるにはジェネレーターまわりを全て取り付ける必要があるのですが、まだ組みつけができないので、このようにして上死点を取ってバルブタイミングを合わせています。ただしダイヤルゲージで測るとピストントップが精密に分かりすぎて、逆に合わせマークでバルブタイミングを合わせるのが難しいような気がします。これは後でもういちど確認をしますが、ダイヤルゲージで見たものを合わせマークで確認するのは変な気がします。

 今日のご紹介はここまでです。明日また続きをご案内できるかと思います。