Y様のカブ50カスタム(C50)エンジン組み立て vol.4

 前回はミッションなどを組んでクランクケースを閉じたところまですませていました。今日はその続きです。


 左右のケースを閉じて、ねじを締めて止めました。ねじ山の洗浄はもちろんですが、ケースのねじ穴もきちんときれいに洗浄しておきます。主な目的は仕上がったエンジンを均質化したいためです。汚れや注油がバラバラですと出来上がりもバラバラになり、トラブルはもちろん、よい結果がでた場合にも理由があいまいになってしまいます。


 駆け足になりますが、エンジン左側の部品をすべて組みました。
 クラッチは強化スプリングを組み付けてあります。
 曲がっていたシフトアームも新品に交換しました。このアームが曲がっている事例が非常に多いため弊店に部品の在庫があったので、部品の入荷を待たずにすみました。


 クラッチカバーをとじました。これで腰下は終わりといいたいのですが、カムチェンが来ていないので、左側は何も組みつけていません。


 前記のようにカムチェンが来ていないこともあり、今日はこのあたりまで、続きはまた明日です。おやすみなさい。