カブ96cc時のオイルポンプ装着時の確認作業について

 JUNインターナショナル製品のカブ用クランクに付属しているオイルポンプピポットは、純正のオイルポンプピポットとは異なり長さを調整している専用品になっています。ですがごく一部の車両に干渉が見られる車両があることが分かりました。

 干渉の確認作業は、こちらの隙間を確認してください。この隙間がない状態が正しい状態です。隙間を考慮するとガスケットを挟まない状態でも隙間がないほうが好ましいです。

 対策方法:オイルポンプのこの部分を削って対応してください

 オイルポンプを分解していただいて、平やすりで削っていただければ大丈夫です。平行度などはあまり関係ありません。多くても1.0mmは削る必要はないはずです。この加工が不安なかた、もしくは以前にご購入いただいて不安に思われているかたはご連絡ください。

 2012年2月22日以降弊店より出荷のロングストローククランクセット(カブ用)は、この問題についてメーカーと協議のうえガスケットにて対策をしております。