O様のカブ50用エンジン組み立て vol.5

 弊店のある和歌山も連日の寒波で寒い日々が続いています。昨日はすこしだけ暖かかったのですが、今日はまた寒くて凍えています。

 ミッションを支持しているベアリングを抜きました。ベアリングの取り外しには専用工具を使って抜き取ります。作業にかかる時間は1か所で5分くらいでしょうか。抜き取れたので、ここからすぐに新しいベアリングを入れて組み始めたいのですが、残念ながら部品の到着予定は明日の予定ですので、ここまでです。


 クランクケースにはベアリングを抜く前に予熱をくわえています。作業の前にクランクケースに軽く温度をかけてアルミを膨張させてからベアリングを抜くほうが、クランクケースにかかる負担が少なくなるためです。たとえば無理にベアリングを抜くとクランクケースが痩せて供回りしやすくなることがあります。

 ところが、クランクケースは分解している状態だと表面積が大きくなり、またアルミは熱伝導性がよいので、ここ最近のように気温が寒いと予熱していてもすぐに温度が下がってしまい、予熱をかけた意味がなくなってしまいます。


 ちょっと気になるのがシフトドラムストッパーの打痕です。気持ちはよくないですが、なんとか問題はない範囲でしょう。