O様のカブ50用エンジン組み立て vol.3

 まずは完全に分解します。分解も組みつけも絶対に正しいという順番や方法はありません。ですのでお客さまも自分のやりやすいようにされればよいでしょう。担当者は、腰上を外して、ジェネレーターまわり、クラッチ、腰下、という順番が多いでしょうか。

 分解できました。いつもでしたら洗浄した後の写真ですが、今日は間に合いませんでした。もちろんつぎは洗浄です。

 クラッチは分解歴があったのですが、それでもスラッジは多めです。もっと気になるのは、スラッジの中に金属粉が多くみられること。オイルも水分の混入があったためか少し乳化が見られたので全体的に程度が心配です。それは洗浄工程で部品をチェックしていきます。


 今日はこのあたりまでです。すぐ後に洗う状態ですから、ホコリ避けはしません。では。