O様のカブ50用エンジン組み立て vol.2

 まだエンジンに取りかかれていないのですが、少しだけ。いつものようにフライホイールから。

 表側の錆はかなり進行しています。フライホイールの材質は鉄で、表面処理を何もしていませんので、ちょっと使用状況がわるいと錆がどんどん進んでしまいます。

 裏側の錆は浅めですが、それでもマグネット面はそれなりに錆がみられます。ジェネレーターの腐食がすこし多めでしたので、そちらからのもらい錆のようです。


 錆による腐食が進んでいるところがありましたので、素材を傷めず錆を取るのはこのあたりになりましたが、かなりきれいになりました。

 裏側はこのあたりまで。こちらもかなりきれいになりました。

 いつものように作業を始めたのですが、かなり錆びが深かったため、落とすのに非常に手間がかかってしまいました。完璧にきれいな見た目にすることもできますが、機能面ではあまり必要ではありません。このあたりの作業はおまけで、通常は作業に含まれませんので、あまり期待しないでくださいね。

 同様にクランクケースなどの洗浄はいたしますが、ブラスト設備がないこともあり、標準工賃に錆落としや美観までは含んでいません。バフ加工やめっきなどをご希望の場合はお伝えくだされば対応いたします。