Y様のカブ90(HA02)エンジン組み立て vol.13

 クラッチを組み立てていきます。当然ですが90用のクラッチに、JUNinternational製のクラッチスプリングを組み込みます。JUNインターナショナル製のクラッチスプリングはお客様より高い評価をいただいています。その秘密はとくにないのですが、使用環境をきちんと設定して設計して、原価が高くなっても必要な材料や処理などのコストをかけて製造しているだけです。


 エンジン右側の部品を組み付けていきます。特に変わったところはありませんので、純正部品での構成の場合と同じような作業です。もちろん組み付けの際には、すべての部品を洗浄の上でチェックしてから、作業をすすめていきます。


 クランクケースやクラッチカバーなどのノックピンは、固着して外れなくなってしまうことが多いですが、組み立ての際にグリスなどを塗っておくと固着を防げます。一般にいうスレッドコンパウンドは、その目的のひとつに固着防止がありますので、汎用グリスよりもその性能には優れます。いままではワコーズ製品を使っていましたが、それが悪いわけではありませんが、今回から種類をかえました。


 クラッチカバーを閉めました。


 今日はこのあたりまで。ではまた明日。
 勘違いで在庫を切らしてしまったカムチェーンが明日届きますように。